産後の悩み

産後は貧血になりやすい?原因や症状、改善の仕方は?

Pocket

「出産後から貧血がひどい…」という声を時々耳にします。

出産を終えてすぐならともかく、長い期間続いているとつらいですよね。

私も産後1ヶ月程は、貧血が続きフラフラとしやすい日が多かったです。

2ヶ月以降も、時々貧血になりやすい日が訪れていました。

「少しでも横になっていたい」という気持ちを抱えながら、赤ちゃんの世話に明け暮れていたことを覚えています。

この記事では、産後に起こりやすい貧血の原因や改善方法についてお話していきます!

産後の貧血の症状は?貧血で悩むママは意外と多い!

産後の貧血がつらい、という声を集めてみました。

「産後ずっと貧血気味。。母乳の出が心配」
「産後の検査では特に異常はないけれど、フラつきがある」
「出産時の出血量が多く、以降ずっと貧血が続いている」
「産後からの貧血で頭痛がする」

このように、貧血による症状がつらいという声や母乳の出が心配になるママが多いようです。

貧血の症状は?

貧血になると、以下のような症状が起きやすいです。

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 耳鳴り
  • 動悸
  • 息切れ
  • 頭痛

この状態で赤ちゃんを育てるのはとてもつらいですね。

また、貧血の状態が続くと、

  • シミができやすくなる
  • 目の下にクマができてしまう
  • 髪にツヤがなくなる

などと女性にとって悲しいことがたくさん起きてしまいます。

 

 

産後の貧血の原因は?

産後の貧血は症状がつらいというだけでなく、母乳の出や美容にまで影響が出てしまう…。

産後ママにとって大きな問題ですよね。

ここでは、産後に起きやすい貧血の原因を2つ、お話していきます。

 

分娩時の出血量が多かった場合

自然分娩での出産でも、200〜500mlは出血があると言われています。

正常範囲を超えた出血があった場合はもちろん、正常範囲内であったとしてもママの体質によって貧血になりやすい場合があります。

妊娠中からの貧血が、分娩時の出血により更に悪化してしまう場合もあります。

 

母乳育児で鉄分が赤ちゃんに送られているため

貧血には様々な種類がありますが、産後ママがなるほとんどが、「鉄欠乏性貧血」というもの。

鉄分が不足するために起きる貧血です。

母乳はママの血液を原料として作られていますが、産後の身体は赤ちゃん優先!

栄養も優先的に母乳に回されてしまうので、ママは鉄分不足になりがちです。

 

<赤ちゃんが飲む母乳の量は結構多い!?>

最初は10ml程度しか母乳を飲まなかった赤ちゃんも、日に日に飲む量が増えていき、それを1日8~10回も与える必要があります。

1回につき50mlだとしても、1日400mlから500mlは与えているということです。

(そしてあっという間にこれ以上飲むようになります)

数字で見るだけでも、鉄分不足になってしまうのは当たり前のように思えますね。

 

<ママの貧血で母乳の出が悪くなる!という悪循環>

更に、ママが鉄分不足になると母乳の出が悪くなってしまいます。

母乳の出が悪いと、赤ちゃんはなかなか満足してくれませんし、

少しの量しか飲めないと何度も母乳を飲みたがりますよね。

貧血で悩んでいる産後ママは、自分の体調のためにも、赤ちゃんのためにも貧血を改善したいですね!

 

産後の貧血って治療できるの?

産後の貧血は誰でもなる可能性があります!

「おかしいな?」と感じたら、産婦人科を受診しましょう!

 

貧血と判断される数値とは?

産後入院中にも貧血検査がありますね。

貧血とは血液中の赤血球のヘモグロビンが少なくなる状態を言いますが、

産後ママの場合、ヘモグロビンの濃度が11.0g/dl未満で貧血だと判断されるようです。

 

鉄剤を処方される

数値が良くない場合や貧血症状が重い場合は鉄剤の処方で治療することができます!

 

貧血気味だと感じたら早めに受診!!

産後ママの身体は妊娠出産によりかなりダメージを受けています。

それに加えて24時間体制の育児でどんどん疲労を重ねてしまいます。

赤ちゃんを優先するあまり自分のことは後回しにしがちですが、貧血気味だと感じたら早めに受診しましょう。

 

産後の貧血を改善するために!自分でできるケア

産後の貧血は、病院でも治療できることが分かりました!

しかし、体調を整える一番の基本は普段の生活ですよね。

ここでは、産後の貧血を改善するために、ママ自身が自分でできることをお話していきます!

 

産後の貧血対策①なるべく睡眠をとる

新しい血液は睡眠中に作られます。

赤ちゃんのお世話でなかなかまとまった睡眠時間をとれないママがほとんどだと思いますが、ここは周りの人を頼って睡眠をとるようにしましょう。

 

<寝付けなくても、横になろう>

産後はホルモンバランスの乱れが原因で、なかなか寝付けないというママもいます。

そんなときも、横になれば体が重力から解放されるので、血がたくさん作られるようになります。

「疲れているな」と感じなくても、なるべく横になることで早く回復することができます。

意識的に横になりましょう!

 

産後の貧血対策②ストレスを溜めない!リラックスしよう

ストレスを溜めると自律神経が乱れやすく、血流が悪くなります。

その結果、貧血症状が悪化してしまいます。

産後は出産のダメージがまだ多く残っているなかでの育児、自分を取り巻く環境の変化などで想像以上のストレスを受けています。

赤ちゃんのお世話を家族に代わってもらったり、育児の悩みを誰かに相談することでストレスを溜め込まないようにしましょう。

そして貴重なひとり時間は、ママのリラックスのために使いましょう!

 

産後の貧血対策③鉄分を多く含む食品を中心にバランス良く食べる

産後の貧血を改善するためには、鉄分を多く含む食品をとる必要があります。

<鉄分を多く含む食品>
  • 肉や魚の赤身の部分、レバー
  • ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜

ほうれん草や小松菜などは、葉酸も多く含んでいる食品ですね。

血液中の赤血球をつくるサポートをしてくれるので、妊娠中や産後ママに欠かせない食品です!

 

また、鉄分をとるだけでなく、鉄分の吸収を助ける食品もとる必要があります!

鉄分の吸収を助けるのは、ビタミンCを多く含む食品です!

ブロッコリーや菜の花などの野菜や、いちご、オレンジなどの果物がビタミンCを多く含んでいます。

 

このように、栄養素はバランス良く摂取した方が効率よく吸収できるので、

上記の鉄分を多く含む食品を中心とした、バランスの良い食事をとるのがベストですね!

 

「妊産婦のための食事バランスガイド」厚生労働省 参照

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3b02.pdf

 

産後の貧血におすすめ!授乳中でも飲める鉄分ドリンク!

産後の貧血を改善するためには、鉄分を多く含む食品を中心としたバランスの良い食事が必要ということがわかりました!

しかし、十分に栄養をとっているのにそれでも足りないのが産後の体!

それは出産のダメージ回復や母乳に栄養が回されてしまうからです。

「普段の食事にプラスして、手軽に鉄分をとることができればいいな」

「授乳中でも大丈夫なものはないかな?」

と探していたところ出会いました!!

 

それは、豊潤サジー!!

鉄分を効率よくとることができるドリンクです。

(引用:豊潤サジーの公式ホームページより

着色料・香料・保存料不使用と100%自然原料でできているので、妊娠中や授乳中でも安心して鉄分がとれるとのこと!

また1日1回少量を飲むだけでいいので、手軽で続けやすい!

産後の貧血で悩むママにぴったりですね!

鉄分以外にも美容に良い成分がたくさん入っているので、美容にも良さそうです!

 

初めての人にも、送料無料のお試しがあるので、手軽に始められますよ!

  • お試し特別価格:1000円(税込)
  • 内容量:300ml(10日分)

 

豊潤サジーの10日間お試しをレビューしました↓

あわせて読みたい
授乳中はサジーで鉄分補給がおすすめ!貧血で疲れやすい授乳期間を乗り切ろう! 妊娠中や産後は貧血になりやすいですよね。 立ちくらみでフラフラしたり、顔が真っ青になってしまったりと人によっては起き上がれ...

豊潤サジーを取り入れることで、

  • 鉄分をしっかり補える!
  •  ぐったりとしていた毎日が元気に!シャキッとする!
  •  お肌や髪の調子が良くなる!
  •  元気で若々しいママになれる!
  •  ママが元気になると、母乳の出も良くなる!

毎日の食事の補助、自分にできるケアとして取り入れてみてください!

(産後の貧血がひどい場合は病院での治療が必要ですよ〜!)

>豊潤サジーを試したい人はコチラ

Pocket

ABOUT ME
モカママ
待望の赤ちゃんを授かり、かわいい女の子を出産しました!妊娠&出産はもちろん産後も子育て期間も幸せに過ごしたい。 そんな思いで日々奮闘中のマイペースなママブロガー!!!! “ママをダッコする”をテーマにブログ記事執筆中。